ウーマン

イタチ被害はイタチ駆駆除業者が解決|厄介な害獣や害虫トラブル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダニの種類と被害について

ダニ

梅雨時期になると、様々な害虫が活発になります。その中でも、高温多湿な環境を好むダニによる被害というのは、梅雨時期に数多く発生しているのです。ダニと一概に言ってもその種類は様々で、家屋内で人体に影響を及ぼすダニというのは三種だと言われています。その三種というのは、ヒョウヒダニ・ツメダニ・イエダニといった種類のダニで、それぞれに特徴が異なり被害内容も違ってくるのです。それらのダニが発生した際には、ダニ駆除業者に依頼することで退治してもらうことができるでしょう。
ヒョウダニというのは梅雨時期に限らず1年中見られるダニとなっており、その特徴として吸血を行わないといった点が挙げられます。ヒョウヒダニの食糧は人のフケやアカ、その他有機物等で、それらを食べることで増殖するのです。吸血を行わないヒョウダニによる被害というのは、その糞や死骸によるアレルギー疾患です。大きさが0.3mmから0.4mmと小さく肉眼で捉えることが困難なため、アレルギー疾患の症状が頻繁に発生する場合にはダニ駆除業者に依頼してその存在有無を調査してもらうと良いでしょう。ヒョウダニの存在が確認された際には、ダニ駆除及び死骸や糞の除去・除菌まで行なってもらうことができます。人を刺し吸血するダニというのは、ツメダニとイエダニの二種です。それらのダニに吸血されると、刺された箇所に刺咬症が見られます。ツメダニやイエダニについても肉眼で発見することが困難なため、自宅内で刺咬症による被害が多く発生するといった場合にはすぐにダニ駆除業者に連絡しましょう。イエダニの場合、病原菌を媒介している可能性も高いため、6月から9月頃には注意が必要です。