ウーマン

イタチ被害はイタチ駆駆除業者が解決|厄介な害獣や害虫トラブル

このエントリーをはてなブックマークに追加

南京虫の脅威について

ムシ

近年、日本国内におけるホテルや旅館、ネットカフェ等の宿泊可能な施設がトコジラミの脅威に曝されています。トコジラミというのは、南京虫とも呼ばれる害虫です。戦後の日本で大量発生したこともある害虫で、その時に行われた大規模なトコジラミ駆除政策のおかげで日本国内からその存在を根絶することができました。しかし、近年になって再び、トコジラミが日本国内でその被害を発生させるようになってしまったのです。その原因として、外国人観光客の増加が挙げられます。
トコジラミというのは海外でも大量発生しており、社会問題を引き起こしました。その最中、日本に訪れる外国人観光客が増加したことによって、その外国人観光客の荷物等に紛れて日本国内にトコジラミが侵入してしまったのです。トコジラミは人の血を吸い、血を吸われた人は強い痒みに襲われます。宿泊可能な施設において、トコジラミが発生してしまうと利用者がその被害を受けることになるのです。トコジラミというのは日中間は姿を隠しているため発見し辛く、被害が発生してからその存在が公になります。そのため、施設側が事前に対応することが困難なのです。被害の発生によりその存在が確認されたのであれば、すぐにトコジラミ駆除業者へ連絡しましょう。トコジラミは市販で販売されている殺虫剤等では退治することができないため、トコジラミ駆除業者に依頼する必要があるのです。早期にトコジラミ駆除業者に依頼しなかった場合、繁殖が拡大し被害も大きなものとなってしまいます。そうなってくると、トコジラミ駆除業者に依頼した際に掛かる駆除費用も高額なものとなってしまうでしょう。